Thumbnail of post image 072

Google Apps Script(GAS)でWebスクレイピングがしたいと思ったことはありませんか?

GASにもURLフェッチできる専用のクラスが用意されているので比較的簡単にW ...

Thumbnail of post image 000

Google Apps Script(GAS)において、配列を扱った処理が非常に重要です。この記事では、データを扱うためのデータ構造である「連想配列」と「二次元配列」の変換方法について解説します ...

Thumbnail of post image 102

Google Apps Script(GAS)でWeb APIを取得する方法解説します。いくつくかのAPI連携でサンプルコードも公開しているのでぜひご覧ください。

APIとは

APIと ...

Thumbnail of post image 137

GASでスクリプトを実行したときに、実行ログに「logging output too large. truncating output.」と表示されることがあります。これは、ログが省略された形で ...

Thumbnail of post image 025

前回はGoogle Apps Script(GAS)で複数ページを一括でスクレイピングする方法を解説しました。

この記事では、スプレッドシート上にあるスクレイピング対象のURLのリス ...

Thumbnail of post image 105

前回はGASでスクレイピングする基本的な方法を解説しました。

この記事ではGoogle Apps Script(GAS)で複数ページをスクレイピングする

スクレイピングで ...

Thumbnail of post image 086

Google Apps Script(GAS)でスクレイピングを実施する際、Webサイトから取得した情報を加工や成形するためにテキスト化する必要がありますが、その際に使われるのがgetConte ...

Thumbnail of post image 031

GASでスクレイピングの方法を調べると、UrlFetchApp.fetchという記述を見かけます。
スクレイピング時はgetContentTextを組み合わせて処理することが多いですが、 ...

Thumbnail of post image 010

スクレイピング処理のGASコードを定期的(日次)実行して、結果をプレッドシートに書き出してみたいと思います。

スクレイピング処理用の関数を用意

前回記事では、【順位】【タイトル】【UR ...

Thumbnail of post image 042

Google Apps Script(GAS) を使ってWebページの情報をスクレイピングを行う方法をご紹介します。

Webスクレイピングとは

Webスクレイピングとは、指定したWeb ...